〝中国安物〟と一緒にするな!泉州タオル「柔らかな風合い」に感涙…Jr.と古参で“新看板”

〝中国安物〟と一緒にするな!泉州タオル「柔らかな風合い」に感涙…Jr.と古参で“新看板”

By in ニュース on 2016年6月14日
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

〝中国安物〟と一緒にするな!泉州タオル「柔らかな風合い」に感涙…Jr.と古参で“新看板”

 

日本の二大タオル産地の1つ、大阪府南部の泉州地域にある神藤(しんとう)タオル(泉佐野市)は従業員22人ながら、来年、創業110年を迎え る。そんな老舗を支える社長は就任3年目の弱冠30歳。国内のタオル業界は中国などの安い海外製に押されるなか、神藤タオルは伝統に培われた技術を大切に オリジナル商品を展開し、祖父の亡き先代社長の思いに応えようと奮闘している。(藤谷茂樹)

ベテランの業(わざ)

ガシャン!ガシャン!

十数台の織機が、けたたましく音を響かせる工場。奥の一角で、明治40(1907)年創業の老舗、神藤タオルが独自展開するタオル「インナーパイル」が次々と織り上がっていく。

ガーゼの間にパイルをはさんだ構造が特徴で、その柔らかな風合いは高速で動く新しい織機では出せない。それゆえに30年以上前に導入したシャトル織機を今も動かしている。

内側にパイルが隠れるため、出来の見極めはベテラン従業員の日根野谷徳広さん(76)の感覚が頼りだ。織り上がった布に手をあて確かめると、「他のどこにもない製品を作れている」と自信たっぷりだ。

ただ、そのシャトル織機はすでに生産中止。故障すれば修理はままならず、8台のうち1台を交換部品用の予備にして動かしていない。

「インナーパイルだけに頼ってはいけない」と、30歳の社長、神藤貴志さんは考え、シャトル織機より新しいレピア織機でも製造できる独自商品の開発を古参の従業員と手がけた。

そこで考案したのは「2・5重タオル」。3層構造のガーゼタオルで真ん中の1層を粗く織り、インナーパイルに通じる軽さと柔らかさを実現した。

神藤タオルの新しい“看板”だ。

引き継ぎもなく社長に

そんな神藤さんが社長に就任したのは平成26年1月。87歳だった先代社長の祖父、昭さんが前立腺がんで亡くなったためだ。「突然亡くなり、引き継ぎもなしに何も分からない状況でした」と振り返る。

実は、神藤さんは少年時代の大半を川崎市を過ごした。神藤タオルは父方の実家ではあったが、長男の父は東京で就職した銀行員。父の海外勤務で英国に3年滞在するなど、これまでの生まれ育ちは、大阪とほとんど関係なかった。

それでも後継ぎとなったのは、上京してきた昭さんのひと言だったという。

「継がないなら、たたむ準備をせなあかん」

10年ほど前、就職活動を控えた大学3年生の時である。「100年もの歴史がある会社が終わってしまうのは、もったいない」と一念発起し、卒業後の平成20年4月、神藤タオルに入社した。

もちろん平社員からのスタートだった。「メーカーなんだから、現場に入らなあかん」という昭さんの方針で、仕事は工場から始め、切れた糸のつなぎ方、機械の油の差し方から教わった。

1年で工場仕事から検品に配置換え。検品で商品の特徴を覚え、続く営業では取引先との関係を学んだ。

専務となった矢先に昭さんが 亡くなり、工場の主力で2・5重タオルの開発も手がけた40代の男性従業員も病死し、不幸が続いた。波乱のなかでの社長就任だったが、会社を支えてきた他 の従業員たちも懸命に働き、滞りなく営業を継続できた。「よく動いてくれ、本当に助けられた」と感謝は絶えない。

苦境のタオル業界

今のタオル業界は、安い中国を中心に海外製が市場の約8割を占め、国内メーカーにとっては苦境が続いている。大阪タオル工業組合全体の生産量も平成4年の4万トン超から27年は5分の1近い8202トンにまで減った。

そのなかで、国内メーカーは海外製に対抗するため独自技術を生かした高品質なタオルを生み出し、愛媛県今治市の「今治タオル」、大阪の「泉州タオル」とブランド化を図り、巻き返しを期している。

神藤タオルも、そんな市場を生き残るためインナーパイルや2・5重タオルを独自展開してきたのだ。

特に2・5重タオルは、関西地場の製品をイベントやインターネットで販売する取り組み「made in west」に参加。バスタオルより大きいサイズ(価格3024円)や、ブランケット(同4536円)、マフラー(同1296円)と展開を広げ、評価を高めている。

「うちは良いもん作っている。自信を持ちな」。祖父の昭さんがいつも語っていた言葉が背中を押していという神藤さん。次なる目標は自社ブランドの確立で、「会社の顔が見える商品をもっと作りたい」と意気込む。

社長就任後は、工場にベテランの60代2人に、20~30代の従業員も採用し、技術継承にも関心を向けている。「祖父は本当に会社が好きな人だった。祖父と同じくらい続けるのなら50年以上。それまで会社は存続させる」と熱く語った。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>