[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2015年1月19日放送で「松波キャベツ」について取り上げていました。

大阪・泉佐野市で、珍しいキャベツが旬を迎えているそうです。

泉佐野でキャベツを作り続けて30年の射手矢さんは、江戸時代から代々続く農家さん。

公式サイト

そんな射手矢さんが作るのは泉州の「松波キャベツ」です。

松波キャベツの特徴はなんといってもその大きさで、普通のキャベツと比べるととても大きいことがわかります。

そして、みずみずしさと歯ごたえがあり、芯まで甘いと言われているキャベツなのです。

射手矢さん曰く、「キャベツはしまっているものが美味しい!」とのことで、収穫時にはキャベツの頭の部分を触って、硬いものが美味しい時期とみて収穫しているそうです。 芯まで甘みたっぷりの松波キャベツのオススメ料理とは?

芯まで食べられて甘みが詰まった松波キャベツは加熱するとさらに甘みが増して美味しくなるそうで、地元ではお好み焼きに合うと評判なんです。

そして、松波キャベツを味わうのにオススメのメニューが、「松波キャベツと豚肉の重ね蒸し」です。

松波キャベツの芯をくり抜いたら葉を一枚ずつはがしてフライパンへ。

その上に豚肉を乗せて塩コショウを振り、さらにキャベツを重ね、水とコンソメを入れてフタをして弱火で20分加熱します。

甘さを存分に味わえるメニューですよ。

そして最後に、スーパーで売っている美味しいキャベツの選び方のコツ。

頭の部分が紫色になっているものを選ぶとよいそうなんです。

冬場にキャベツが低温にさらされるとポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素が形成されるということで、言わばこの紫が”甘い証拠”なのだそうです。(ライター:ツカダ)

らぶ DINING いずみさの

炭火焼きカフェ・バーベキューレストラン「Charcoal Grill Parlor Orquesta(チャコール グリル パーラー オルケスタ)」(大阪市浪速区敷津東1、TEL 06-6630-6555)で12月18日、泉佐野の食材を楽しむイベント「らぶ DINING いずみさの vol.6」が開催される。

「チャコール グリル パーラー オルケスタ」店内の様子

 南海電鉄が推進する「なんばEKIKANプロジェクト」の一環として、Zepp Namba東側の南海高架下スペースに今年6月にオープンした同店。南海電鉄流通営業本部の森達哉さんは「なんばEKIKANプロジェクトの認知度向上と、沿線活性化を目的に、LOVE IZUMISANO PROJECTに協力した」と経緯を話す。

 イベントでは、南海沿線でもある泉佐野市の観光振興プロジェクト「LOVE IZUMISANO PROJECT」とコラボし、松波キャベツ、水ナス、ワタリガニなど、同市で生産された野菜や、同市で水揚げされた海産物などを使った料理と、同店の炭火料理をビュッフェスタイルで提供する。

 開催時間は17時~23時で、2時間制の食べ放題で、料金は1人2,000円。

イヌナキン

公募の中から採用された3作品を参考に、ゆでたまご先生がリライトして誕生したキャラクター。

【「イヌナキン」のプロフィール】

名前 : イヌナキン

年齢 : 20歳

職業 : 犬鳴山の義犬伝説主人公の末裔で、超自然的な力を得るために犬鳴山で修業中。

服装 : 温泉好きのため泉州タオルを、常に腰に巻いており、手には、錫杖(シャクジョウ)と呼ばれる杖を持っており、犬鳴山で修業中に山伏からもらったもの。

性格 : 正義感と卓越した忠誠心の持ち主で、子どもたちには、友情の大切さを説いて回る。泉佐野市の為なら全国どこへでもPRに行く。(主人のために忠誠を尽くした義犬のDNA。)

弱点 : 温泉があると何をおいても入りたがる。

口癖 : 一生犬鳴(イッショウケンメイ)(一生懸命、泉佐野市をPRし、一生犬鳴山を愛するという意味)

好物 : 水なす、玉ネギ(イヌナキンは超人のため、玉ねぎを食べても平気)、キャベツ、ガッチョ唐揚

なすびん

泉州地域の特産品「水なす」をイメージしたキャラクター     【プロフィール】 出 身 地:南泉州 誕 生 日:2008年11月1日 体   型:ぽっちゃり 血 液 型:ナスB型 性   格:あっさりとみずみずしい 好き な 物:太陽 嫌いなもの:虫 食べられ方:浅漬け、じゃこごうこ など 美 味し さ:めっちゃおいしい!