10日午前8時55分ごろ、大阪府泉佐野市鶴原4丁目の路上で、地元のだんじり祭りのだんじりが曲がる際、祭りに参加していた近くの奥野敦さん(41)が車輪の下敷きになった。奥野さんは間もなく搬送先の病院で死亡した。大阪府貝塚市の大工の男性(44)も手を車輪にひかれて負傷し、骨折の疑いもあるという。

府警によると、だんじりが交差点を右折しようとした際、向きを操作していた先導役の男性が転倒し、奥野さんらも次々と転んだ。転んだ複数人が車輪の下敷きになったという。

泉州南広域消防本部によると、「だんじりが横転しそうになって2人がけがをしている」と祭りの関係者から119番通報があった。