[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2015年1月19日放送で「松波キャベツ」について取り上げていました。

大阪・泉佐野市で、珍しいキャベツが旬を迎えているそうです。

泉佐野でキャベツを作り続けて30年の射手矢さんは、江戸時代から代々続く農家さん。

公式サイト

そんな射手矢さんが作るのは泉州の「松波キャベツ」です。

松波キャベツの特徴はなんといってもその大きさで、普通のキャベツと比べるととても大きいことがわかります。

そして、みずみずしさと歯ごたえがあり、芯まで甘いと言われているキャベツなのです。

射手矢さん曰く、「キャベツはしまっているものが美味しい!」とのことで、収穫時にはキャベツの頭の部分を触って、硬いものが美味しい時期とみて収穫しているそうです。 芯まで甘みたっぷりの松波キャベツのオススメ料理とは?

芯まで食べられて甘みが詰まった松波キャベツは加熱するとさらに甘みが増して美味しくなるそうで、地元ではお好み焼きに合うと評判なんです。

そして、松波キャベツを味わうのにオススメのメニューが、「松波キャベツと豚肉の重ね蒸し」です。

松波キャベツの芯をくり抜いたら葉を一枚ずつはがしてフライパンへ。

その上に豚肉を乗せて塩コショウを振り、さらにキャベツを重ね、水とコンソメを入れてフタをして弱火で20分加熱します。

甘さを存分に味わえるメニューですよ。

そして最後に、スーパーで売っている美味しいキャベツの選び方のコツ。

頭の部分が紫色になっているものを選ぶとよいそうなんです。

冬場にキャベツが低温にさらされるとポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素が形成されるということで、言わばこの紫が”甘い証拠”なのだそうです。(ライター:ツカダ)

スーパーJチャンネル 2014年7月29日放送 16:53 – 19:00 テレビ朝日

去年12月、京都・日向市で男性が自宅で倒れ死亡。妻は夫の異変に気づき119番通報したという。しかし司法解剖の結果、夫の体内からは青酸化合物が検出された。夫婦は夫が死亡する数カ月前に結婚したばかりという。妻は、2人暮らしでこんなことになったら「私ってなるやん」それが一番ショックで「どこでこんなことになったのよ」と感じている、と話す。そして今日、この妻の知人男性の1人に不可解な死を遂げた人物がいた事が新たに分かった。当時71歳の知人男性は2012年3月にバイクで転倒し死亡、死因は心臓発作による事故死という。しかし先月、男性の血液を警察が鑑定しなおしたところ青酸化合物が検出された。警察は男性2人が事件に巻き込まれた可能性があると見て当時の経緯や交友関係を詳しく調べている。

真相報道バンキシャ! カンシキ! 2014年7月13日放送 18:00 – 18:55 日本テレビ

番組は北海道夕張へ向かった。出荷の最盛期を迎えた夕張メロンの中に、「ふるさと納税をいただきありがとうございます」と感謝の言葉が綴られた手紙が。実は夕張市では今年4月~ふるさと納税で1万5千円以上寄付の人に夕張メロン1玉を贈呈していたのだ。すると変化が。それは鈴木直道市長は去年と比べ金額の面でも1000万以上多く市にご寄付いただいていると語った。そこでふるさと納税 自治体の舞台裏をカンシキ! おととい番組は江東区に住む田嶋さん夫妻を訪ねた、今年3月からふるさと納税を始めたという。田嶋さんは「地方の人のためにもなるし私どものためにもなる」とコメント。田嶋さんはこれまでに10箇所に20万円を寄付してきたというが実際の負担額は2000円だという。実際の負担額は家族構成や収入によって異なるという。 2013年の納税額が130億円を突破したふるさと納税、鳥取県米子市役所を訪ねると地元で収穫された柿や梨などをはじめとした63品から1品を寄付金1万円以上でもらえるという。特に大山ハムには1万件の申し込みがあった。特典の豊富さも魅力となり、今年の寄付総額を9億円と見込んでいる。ふるさと納税の波及効果は自治体以外にもあり、シルバーセンターでは寄付した人に送る特産品の箱詰め作業が行われていた。 大阪府泉佐野市では特産品が地元特産のたまねぎ、たまねぎを使ったドレッシングやタオル、滝修行が体験できる1日修験体験、航空券の購入に利用できるPeachポイントなど97種類。 富岡製糸場の世界遺産登録で注目を浴びる群馬県富岡市では寄付金50万円以上で約18万円相当の富岡さんの繭を原料としたシルクでシルクの掛け布団がもらえる、更に寄付金300万円以上でシルクを使った130万円相当のレディースフォーマルがもらえるがそれらを2000円で手に入れることが出来る人もいる。富岡市はこうした特産品をアピールすることで衰退する養蚕農家の活性化につなげたいとしている。 この盛り上がりに政府は寄付する人が更に得をする制度を考えている。しかしふるさと納税の問題点について三菱総合研究所の白戸氏は「地域を応援するという部分がおざなりになってしまうと本来の趣旨から外れているといえる、特典が自治体を圧迫するのではないか」とコメントした。 宮崎県三股町では300万円以上の寄付で宮崎牛が1頭、群馬県中之条町では100万円の寄付で1日町長、長野県飯山市では10万円以上の寄付で市内の病院でホテル宿泊人間ドッグが受けられる。城戸氏は「何も特産品がない所もなにかを生み出せばいいと思う」、島田氏は「マイレージつきの税金、もっと進めてもいいのでは」とコメントした。

紹介された特産品

泉州たまねぎ 泉州たまねぎドレッシング 泉州タオル 犬鳴山  一日修行体験 Peachポイント(寄付金の半分相当)

泉州こだわりタオル「匠」 泉州水なす ピクルスセット

新・情報7daysニュースキャスター 2014年6月28日放送 22:00 – 23:24 TBS

テレビを騒がせた ニュースワードランキング

4位 ふるさと納税 お得な得点 名産物に…空から海まで 今週、各メディアで取り上げられ検索数が急上昇した「ふるさと納税」。利用者は年々増加している。米沢牛など自治体から特典を貰えるだけでなく気球体験など体験型の特典も増えている。

News23X 2012/06/28(木)放送

ネーミングライツ売却で話題を呼んだ大阪府泉佐野市で、犬のフンの放置が後を絶たず「飼い犬税」の導入が検討されることになった。1955年には2686の自治体で犬税が課税されていた。 千葉県の犬税は昭和33年に廃止されたが1年の税収は約3800万円を誇った。1982年に長野県四賀村(現松本市)で廃止されたのを最後に「犬税」は姿を消した。