産経新聞 7月23日(土)15時10分配信

金魚放流イベントがネット炎上で中止に…「生態系に影響」「虐待」 南海泉佐野駅前に掲示されている「金魚の放流」の告知ポスター=大阪府泉佐野市(写真:産経新聞)  ■主催者困惑「30年来のイベントが…」

 大阪府泉佐野市の名勝、犬鳴山の渓流で30年以上実施されている「金魚の放流」について、インターネット上で「生態系に影響する」「非常識だ」などと問題視する書き込みが相次いだため、今月16日に実施予定だった放流が中止に追い込まれていたことが分かった。30日にも放流が予定されているが、実施するかどうかは検討中だという。主催する同市観光協会は「今回のような反響は初めて。長年親しまれてきた人気イベントなのでできれば実施したい」と頭を悩ませている。

 協会によると、川に金魚を放ち、来場者が捕まえるイベントで、温泉地でもある犬鳴山の知名度アップを目指して昭和60年ごろから毎年実施。府外からも親子連れらが集まるといい、今年も16日と30日に、8千匹ずつ放流する予定だった。

 ところが今月15日、協会事務局を担う泉佐野市まちの活性課に「川に金魚を放流するって本当ですか」という問い合わせの電話が相次いだ。

 職員がインターネットで調べると、イベントを批判する内容のツイッターの投稿が相次いでいた。

 「元々の生態系に影響をあたえる」という環境保全の視点からの批判が多く、「かわいそう」などとする意見もあった。時間を追うごとにコメント数は増え、なかには「環境テロ」「虐待」といった過激な内容もあった。

 想定外の反響に、協会側は同日夜、急遽(きゅうきょ)対策を検討。16日は放流は行わず、来場者に直接配る形式に変更し、フェイスブックなどで告知した。当日は約700人が来場し、川で捕まえることができないことを残念がる人はいたものの、抗議する人はいなかったという。

 市の担当者は「これまで生態系への影響というのはきちんと考えたことはなかった。いろんな考えがあることが分かった」と話す。30日の放流については、法律や環境の専門家の意見を聞くなどして実施するかどうかを検討している。

 川への金魚の放流について、大阪府環境農林水産部水産課は「法律に触れるものではないが、いいとはいえない」と指摘する。同課にはイベントで魚を川に放流したいが、許可が必要かといった問い合わせが時折あるというが、「ダメとはいわないが、控えてもらったほうがいい」と指導しているという。

                   ◇

 ■信じられぬ行為 日本魚類学会副会長で近畿大農学部の細谷和海教授の話

 「元の生態系にない生き物を、外から持ち込み大量に放流するのは自然破壊であって、信じられない行為。在来種との交雑や病気を持ち込む可能性など多くの問題点がある。子供への環境教育の視点からも問題で、自然を保護することを教えるべきなのに真逆のことを示している。生物多様性の保全が重視される今、時代遅れの感覚だ」

 ■影響考えにくい 金魚に関する著書が多い金魚愛好家の杉野裕志さんの話

 「自然環境を守る視点は重要。ただ、金魚は川で生きていくのは難しい生き物で生態系への影響は考えにくく、30年も地域の楽しみとして続いているのなら認めてもいいのではないか。持ち帰った金魚から命を学ぶこともある。ネットではダメだという意見で盛り上がったようだが、一方的に決めつけるのではなく幅広く考えるべきではないか」

〝中国安物〟と一緒にするな!泉州タオル「柔らかな風合い」に感涙…Jr.と古参で“新看板”

 

日本の二大タオル産地の1つ、大阪府南部の泉州地域にある神藤(しんとう)タオル(泉佐野市)は従業員22人ながら、来年、創業110年を迎え る。そんな老舗を支える社長は就任3年目の弱冠30歳。国内のタオル業界は中国などの安い海外製に押されるなか、神藤タオルは伝統に培われた技術を大切に オリジナル商品を展開し、祖父の亡き先代社長の思いに応えようと奮闘している。(藤谷茂樹)

ベテランの業(わざ)

ガシャン!ガシャン!

十数台の織機が、けたたましく音を響かせる工場。奥の一角で、明治40(1907)年創業の老舗、神藤タオルが独自展開するタオル「インナーパイル」が次々と織り上がっていく。

ガーゼの間にパイルをはさんだ構造が特徴で、その柔らかな風合いは高速で動く新しい織機では出せない。それゆえに30年以上前に導入したシャトル織機を今も動かしている。

内側にパイルが隠れるため、出来の見極めはベテラン従業員の日根野谷徳広さん(76)の感覚が頼りだ。織り上がった布に手をあて確かめると、「他のどこにもない製品を作れている」と自信たっぷりだ。

ただ、そのシャトル織機はすでに生産中止。故障すれば修理はままならず、8台のうち1台を交換部品用の予備にして動かしていない。

「インナーパイルだけに頼ってはいけない」と、30歳の社長、神藤貴志さんは考え、シャトル織機より新しいレピア織機でも製造できる独自商品の開発を古参の従業員と手がけた。

そこで考案したのは「2・5重タオル」。3層構造のガーゼタオルで真ん中の1層を粗く織り、インナーパイルに通じる軽さと柔らかさを実現した。

神藤タオルの新しい“看板”だ。

引き継ぎもなく社長に

そんな神藤さんが社長に就任したのは平成26年1月。87歳だった先代社長の祖父、昭さんが前立腺がんで亡くなったためだ。「突然亡くなり、引き継ぎもなしに何も分からない状況でした」と振り返る。

実は、神藤さんは少年時代の大半を川崎市を過ごした。神藤タオルは父方の実家ではあったが、長男の父は東京で就職した銀行員。父の海外勤務で英国に3年滞在するなど、これまでの生まれ育ちは、大阪とほとんど関係なかった。

それでも後継ぎとなったのは、上京してきた昭さんのひと言だったという。

「継がないなら、たたむ準備をせなあかん」

10年ほど前、就職活動を控えた大学3年生の時である。「100年もの歴史がある会社が終わってしまうのは、もったいない」と一念発起し、卒業後の平成20年4月、神藤タオルに入社した。

もちろん平社員からのスタートだった。「メーカーなんだから、現場に入らなあかん」という昭さんの方針で、仕事は工場から始め、切れた糸のつなぎ方、機械の油の差し方から教わった。

1年で工場仕事から検品に配置換え。検品で商品の特徴を覚え、続く営業では取引先との関係を学んだ。

専務となった矢先に昭さんが 亡くなり、工場の主力で2・5重タオルの開発も手がけた40代の男性従業員も病死し、不幸が続いた。波乱のなかでの社長就任だったが、会社を支えてきた他 の従業員たちも懸命に働き、滞りなく営業を継続できた。「よく動いてくれ、本当に助けられた」と感謝は絶えない。

苦境のタオル業界

今のタオル業界は、安い中国を中心に海外製が市場の約8割を占め、国内メーカーにとっては苦境が続いている。大阪タオル工業組合全体の生産量も平成4年の4万トン超から27年は5分の1近い8202トンにまで減った。

そのなかで、国内メーカーは海外製に対抗するため独自技術を生かした高品質なタオルを生み出し、愛媛県今治市の「今治タオル」、大阪の「泉州タオル」とブランド化を図り、巻き返しを期している。

神藤タオルも、そんな市場を生き残るためインナーパイルや2・5重タオルを独自展開してきたのだ。

特に2・5重タオルは、関西地場の製品をイベントやインターネットで販売する取り組み「made in west」に参加。バスタオルより大きいサイズ(価格3024円)や、ブランケット(同4536円)、マフラー(同1296円)と展開を広げ、評価を高めている。

「うちは良いもん作っている。自信を持ちな」。祖父の昭さんがいつも語っていた言葉が背中を押していという神藤さん。次なる目標は自社ブランドの確立で、「会社の顔が見える商品をもっと作りたい」と意気込む。

社長就任後は、工場にベテランの60代2人に、20~30代の従業員も採用し、技術継承にも関心を向けている。「祖父は本当に会社が好きな人だった。祖父と同じくらい続けるのなら50年以上。それまで会社は存続させる」と熱く語った。

 

 

 

 

(関西食百景)「残り物」が生んだ奇跡

 

■大阪・泉佐野の犬鳴豚

田んぼに囲まれた約300平方メートルの木造豚舎で、生後6日の10頭ほどの子豚が、横たわる母豚の乳にかぶりつき小さな体を小刻みに動かしていた。

年間2千頭の豚を出荷する大阪府泉佐野市の関紀産業。約1300年前に役行者(えんのぎょうじゃ)が開いたとされる霊山・犬鳴山(いぬなきさん)の裾野で、大阪・泉州で親しまれるブランド豚「犬鳴豚」は育つ。

母豚が鳴く豚舎で、バケツを抱えた専務の川上寛幸さん(37)が自家製の配合飼料を与えていく。「飼料は買ってきたほうが楽なんです。でも、このほうが断然おいしい肉になる」

豚舎横では、高さ約2メートルの乾燥機が轟音(ごうおん)を響かせていた。周囲には香ばしいパンのにおい。うどんやパスタ、大豆かすなどと混ぜて乾かし、殺菌を経て薄いベージュ色の粉末が出来上がる。1日約3トン。これが犬鳴豚の味の秘密だ。

泉佐野市沿 岸部には食品コンビナートがある。寛幸さんの父で社長の幸男さん(65)は30年ほど前、地元商工会議所のメンバーとして視察し、余った小麦由来の食品が 大量に廃棄されていたのを知った。元々、捨てるものだから、安価な仕入れが可能だった。配合の研究を重ね、今の味を作った。

「肉といえば牛の関西で、牛に負けない豚肉ができた。残り物に福がある、やった」

■余りパン 食べて霜降り 地産地消

開け放たれた扉から柔らかい光が豚舎に差し込んでいた。幅60センチ、奥行き180センチの1頭ごとに仕切られたおりから、出産を控えた母豚約30頭の低い鳴き声が次々と響いてきた。

関紀産業(大阪府泉佐野市)の豚舎では、夏は送風機、冬は暖房器具で、年間を通して20~25度くらいに温度調整する。専務の川上寛幸さん(37)は、「犬鳴豚がなくなったら泉佐野の損失。そう言われる存在になりたいんです」と話す。

寛幸さんの父、幸男さん(65)は養豚農家の友人宅で見た子豚に魅せられ、地元高校の畜産科に進んだ。三重県の養豚場で3年働き、1973年、退職金代わりの10頭の母豚を連れて泉佐野に戻り豚舎を建てた。

 

続きは朝日新聞デジタルで

 

 

カラオケ使って楽しい介護予防 泉佐野市が月1回「元気塾」

 歌や音楽で高齢者の健康づくりにつなげようと、大阪府泉佐野市は今月から、カラオケと軽運動を組み合わせた音楽介護予防教室「泉佐野元気塾」を市 内35カ所でスタートさせた。カラオケ機器メーカー「第一興商」が開発した身体機能の向上や認知症予防を目指したプログラムを使い、シニアらに楽しく健康 を維持してもらうのが狙い。同社によると、年間を通じた取り組みは関西では初めてという。

「『高原列車は行く』に合わせて体操します。みなさん、ご存じですか?」

昭和29年のヒット曲をあげた指導員の呼びかけに、70代を中心とした約30人の参加者は笑顔で大きくうなずいた。

今月3日、泉佐野市の中町町内会館で開かれた「泉佐野元気塾」。軽快なメロディーが流れ出すと、すぐに歌詞を口ずさみ始める人も。ハンカチを振ったり、花束を投げたりと、歌詞に合わせたポーズを楽しそうに繰り返した。

中町町会長の高浦滋さん(68)は「寝たきりにならず元気で生きたいというのはわれわれの最大の願い。これからさらに参加者が増えるのでは」と話す。

元気塾は、市が第一興商に委託している事業で、同社が開発した通信カラオケ装置「DKエルダーシステム」を使い、同社から派遣された音楽健康指導員が教室を運営。音楽に合わせ、足の老化を防ぐ体操をしたり、舌を動かす口腔(こうくう)体操をしたりする。

同システムには、高齢者好みのカラオケ曲を約4万曲搭載。この日の教室でも、「瀬戸の花嫁」「高校三年生」などのイントロクイズで盛り上がった。

第一興商によると、高齢者の介護予防や機能訓練を狙ったこのシステムは東北福祉大や鶴見大と共同で研究開発し、平成23年から本格的に販売。自治体での導 入も相次いでおり、これまでに北海道伊達市や東京都清瀬市、長野県松本市などが装置を使った介護予防事業などを実施している。

福井県坂井市では25年度から市内23カ所で月2回、音楽体操教室を開催。市のアンケートによると、「体の調子がよい」と答える人が実施前に比べて3倍近く増え、「教室をきっかけに運動するようになった」という人も多かったという。

鶴見大の研究によると、歌うことで唾液の分泌量が増加して免疫力が向上したり、かむ力や飲み込む力が向上したりする効果が報告されているという。

泉佐野市では抽選で選んだ自治会館30カ所と市の施設5カ所で、介護保険の被保険者を対象に月1回、90分の教室を5年間実施する計画で、効果検証も行う。カラオケ装置は開催日以外でも市民が自由に使える。

今年度の予算として、装置のリース代と指導員派遣代計約1040万円を計上した。市の担当者は「介護予防教室はこれまでも実施しているが、暗いイメージが あるのか嫌がる方も少なくない。カラオケを組み合わせることで、『それなら参加したい』と思ってもらえたら」と期待している。

問い合わせは市高齢介護課(電)072・463・1212。

産経新聞6月14日(火)9時38分
画像:親子3人が刺され、そのうち2人が殺害された事件。奈加美神社付近で脱輪した乗用車=13日午前10時、大阪府泉佐野市(安元雄太撮影)

親子3人が刺され、そのうち2人が殺害された事件。奈加美神社付近で脱輪した乗用車=13日午前10時、大阪府泉佐野市(安元雄太撮影)

大阪府泉佐野市の民家で山田米一(よねいち)さん(72)ら親子3人が刺され、山田さんと長女の美穂さん(42)が死亡した事件で、逃走後に飛び 降り自殺したとみられる男が、今月8日から5日連続でレンタカーを借りた形跡のあることが13日、関係者への取材で分かった。男が下見など準備を重ねてい た可能性があり、大阪府警は交際相手とされる美穂さんとの間にトラブルがなかったか調べる。

一方、男には別の交際女性もいたとみられ、男が所持した免許証の住所と同じ兵庫県西宮市のマンションに住む女性(41)は取材に「十数年前から同居していた。(男は)12日夕に仕事に行くと言って家を出た。(美穂さんとの)交際は知らない」と答えた。

府警によると、男は現場の北東約1・5キロの病院駐車場で死亡しているのが見つかった際、52歳の男名義の免許証を所持。病院の南約600メートルで見つ かったレンタカーには血が付いており、男が逃走時に使ったとみられる。関係者によると、このレンタカーは12日午後5時ごろ、免許証と同じ名義で兵庫県尼 崎市の店舗から貸し出されていた。レンタカー会社には今月8日に利用登録があり、12日まで5日連続で複数の店舗から複数車種のレンタカーが貸し出されて いた。男の勤務先によると、男は体調不良を理由に7日から1週間連続で欠勤していた。

また、男が飛び降りたとみられる病院の屋上で、黒色のショルダーバッグの中から血が付いた文化包丁が見つかったことも判明。府警はこの包丁が凶器の可能性があるとみて血液の鑑定などを進めている。

泉佐野市(大阪府)の選挙管理委員会は2016年6月9日(木)、LCCPeachから協力を得て、7月10日(日)の参議院選挙に際し若年層をターゲットにしたポスターを作成するなど、投票率の向上策に取り組むと発表しました。

投票率が慢性的に低く、前回(2013年7月)の参議院選挙では46.33%で大阪府内ワースト2だったという泉佐野市では、投票率のアップを目 指すとともに、7月の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上に改正されることから今回、若年層をターゲットにした投票率向上の取り組みを行うことにしまし た。

そのひとつは、Peachの客室乗務員を起用したポスターの作成です。200枚を市内のコンビニエンスストアや府立高校、、市役所などに掲出し、若年層に向けて投票を呼びかけます。

CAが選挙ポスターに 泉佐野市の投票率アップ作戦にPeachが協力

また、選挙公示日を目前にした6月16日(木)の朝には、南海電鉄・泉佐野駅の駅前広場周辺で通勤、通学の市民(有権者)を対象に、Peachの客室乗務員と選管が街頭啓発を行う予定です。

このほか、7月4日(月)から7月9日(土)までの期間には、駅利用者に気軽に投票してもらえるよう、泉佐野駅構内に「駅ナカ投票所」も設置されます。

泉佐野市選管は、今後も若年層の投票率向上のみならず、投票率ワーストランキングを脱却するために、Peachに協力を求め、「斬新でイノベーティブな取り組み」を進めていくとしています。

13日午前3時15分ごろ、大阪府泉佐野市市場西の民家から「娘の彼氏に刃物で刺された」と110番があった。府警泉佐野署によると、住人の男女3人が 刺され、無職山田米一さん(72)と長女で職業不詳の美穂さん(42)が病院に搬送されたが死亡が確認された。妻和美さん(66)は太ももを刺されたが、 意識はあるという。

【特集】芽を摘み、過激化防ぐ ストーカー被害防止・専門家分析~

  府警によると、刺したのは美穂さんの交際相手で、兵庫県西宮市の男(52)とみられ、現場から逃走。同日午前5時15分ごろ、約1.5キロ離れた病院の駐 車場で倒れている男性が見つかり、その場で死亡が確認された。府警は、遺体はこの男とみて身元の確認を急ぐとともに、殺人事件として捜査している。 事件当時、山田さん夫妻は民家2階で寝ていた。2階の別の部屋から美穂さんの悲鳴が聞こえたため様子を見に行ったところ、男に刺された。和美さんは1階に 降りて110番した後、外に逃げ、約50メートル離れた路上で泉佐野署員に発見された。米一さんは腹を切り付けられ、美穂さんは首や胸などを切り付けられ たり、腹を刺されたりして、いずれも2階で倒れていたという。 2階のベランダにははしごが掛かっており、男ははしごを使って家に入ったとみられる。窓が割られた形跡はなかった。 一方、病院の駐車場で見つかった男性はうつぶせで倒れ、頭から血を流していた。男性の靴下や、病院4階の非常階段の壁には血が付いており、府警は刺した男が飛び降り自殺したとみて調べている。(2016/06/13-13:02)

未明の閑静な住宅街に、「ウォー」という男の怒声が数回、響いた。大阪府泉佐野市で13日、2階建て民家の住人の男女3人が刺され、父娘が死亡した事件。叫び声を聞き、パトカーの音で目を覚ました近所の住民らは「怖い」「こんな静かな地域で」と不安を募らせた。

近所の無職男性(67)は午前3時10分ごろ、叫び声で目を覚ました。大声が断続的に3回、聞こえた。間もなく救急車が到着。家の外に出ると、血を流した山田美穂さん(42)が搬送されるのが見えた。「突然のことで怖い。近所でこんなことが起きるなんて」

この男性によると、美穂さんは両親と3人暮らし。父親の米一(よねいち)さん(72)はウォーキングが趣味で、母親の和美さん(66)は友達の多い人だった。男性は12日朝、自宅から自転車で出かけようとしている和美さんと会い、「おはよう」とあいさつしたという。

13 日未明、大阪・泉佐野市の住宅で親子とみられる3人が男に刺され、2人が死亡したほか、1人が大けがをしました。警察によりますと、刺した男は、亡くなっ た40代の女性の交際相手とみられ、事件の後、現場近くの建物から飛び降りて死亡しているのが見つかり、警察が詳しい状況を調べています。

13日午前3時20分ごろ、大阪・泉佐野市市場西の山田米一さん(72)の住宅から、「娘の交際相手に刺された」と警察に通報がありました。 消防や警察が駆けつけると、住宅の中やその近くで3人が倒れていて、病院に運ばれましたが、このうち山田さんとみられる男性と、娘の美穂さん(42)とみられる女性の合わせて2人が死亡したほか、山田さんの妻の和美さん(66)が大けがをしました。 警察によりますと、刺したのは、美穂さんの交際相手の男とみられ、行方を捜査していましたが、現場からおよそ1.5キロ離れた病院から飛び降りて死亡しているのが見つかったということです。 これまでの調べで、当時1階には山田さんと妻の和美さん、2階には美穂さんがいましたが、午前3時ごろに2階から悲鳴が聞こえたため、和美さんが様子を見に行ったところ、男がいたということです。 警察が詳しい状況を調べています。

近 所に住む67歳の男性は「午前3時ごろ、『うおー』という男の怒鳴り声が聞こえた。母親が血まみれになって救急車に運ばれていくのを見た。娘さんはとても おとなしい子で、あまり家から出ないような子だった。近所の家でこんなことになるなんて考えられない。本当怖いです」と不安そうに話していました。

清原和博容疑者(春名中撮影) 清原和博容疑者(春名中撮影)

 おおさか維新の会の遠藤敬国対委員長=大阪18区=は22日の衆院予算委員会で、6日付の韓国紙「朝鮮日報」が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕さ れた元プロ野球選手の清原和博容疑者について「貧しい人々が集まって暮らす大阪府岸和田市の出身」と報じたとして、「日本だから静観しているが、逆の立場 だったら、とんでもない話だ」と批判した。

岸和田市を選挙区に抱える遠藤氏は「城下町で、地域のコミュニティーも強い」と強調し、「貧しい」との指摘を否定。日韓両国の友好関係の重要性に触れ、「放置できない」として政府の対応をただした。

質問を受けた菅義偉官房長官は「コメントは控える。いずれにせよ、わが国に対する正確な報道がなされるように、政府としては引き続き積極的な情報発信に努める」と述べた。