炭火焼きカフェ・バーベキューレストラン「Charcoal Grill Parlor Orquesta(チャコール グリル パーラー オルケスタ)」(大阪市浪速区敷津東1、TEL 06-6630-6555)で12月18日、泉佐野の食材を楽しむイベント「らぶ DINING いずみさの vol.6」が開催される。

「チャコール グリル パーラー オルケスタ」店内の様子

 南海電鉄が推進する「なんばEKIKANプロジェクト」の一環として、Zepp Namba東側の南海高架下スペースに今年6月にオープンした同店。南海電鉄流通営業本部の森達哉さんは「なんばEKIKANプロジェクトの認知度向上と、沿線活性化を目的に、LOVE IZUMISANO PROJECTに協力した」と経緯を話す。

 イベントでは、南海沿線でもある泉佐野市の観光振興プロジェクト「LOVE IZUMISANO PROJECT」とコラボし、松波キャベツ、水ナス、ワタリガニなど、同市で生産された野菜や、同市で水揚げされた海産物などを使った料理と、同店の炭火料理をビュッフェスタイルで提供する。

 開催時間は17時~23時で、2時間制の食べ放題で、料金は1人2,000円。

 犬のふんを見つけたら、スマホで写真を撮って投稿を――。ペットのふんを放置した人に過料1万円を科す条例がある大阪府泉佐野市は、放置現場の情報を市民に寄せてもらうためにスマートフォンのアプリを開発する。対策の重点箇所選びに役立てるという。

 12月4日開会の市議会に提案する一般会計補正予算案に開発費など約420万円を盛り込んだ。来年春にもアプリを利用できるようにする。

 市民は無料でダウンロードし、ユーザー登録する。現場の写真と合わせてGPSの位置情報が市に送信される仕組みだ。市は道路の陥没や災害時の被災状況などの投稿も呼びかけ、情報収集に役立てる。

 大阪府泉佐野市選挙管理委員会は14日、同日投開票の衆院選の投票用紙配布の際、一部の投票所で比例区の投票用紙と小選挙区(大阪第19区)の投票用紙を取り違えて交付するミスがあったと発表した。

 ミスがあった投票所は同市羽倉崎の市立佐野中学体育館(当日有権者数5042人)で、交付係が比例区の投票用紙を交付する際に誤って小選挙区用の投票用紙を交付。

 投票に訪れた市民の指摘で気づき、その場にいた3人の市民の用紙を正規の投票用紙と交換したが、用紙の残数から、すでに5人が投票を行った後とみられるという。

 小選挙区用投票用紙で比例区の投票を行った場合は無効票となるため、同市選管では「皆さまに深くおわび申し上げ、今後再発防止に努める」と話している。

毎日新聞 2014年11月28日 地方版

 泉佐野市の千代松大耕市長(41)は27日、来年4月の市長選に再選を目指して立候補することを表明した。定例記者会見で明らかにした。同市長選への立候補表明は初めて。

 同市は2013年度決算で、財政破綻の懸念がある「財政健全化団体」から脱却した。千代松市長はこの点を実績として強調して、「脱却はできたが財政状況は依然厳しい。引き続き行財政改革に取り組み、滞っている市民サービスも近隣市町に追いつけるようにしたい」と述べた。具体的な施策としては、市への定住化促進や関西国際空港の発展を取り込めるまちづくりを掲げた。千代松市長は泉佐野市議を経て2011年4月に初当選。現在1期目。【山田毅】

 大阪府泉佐野市は、市内在住のイヌ、ネコの飼い主らを対象に、不妊・去勢手術費を助成する方針を明らかにした。狂犬病予防注射の啓発や、処分されるイヌ、ネコの減少が目的で、1匹あたりの助成金は5000円。12月の市議会定例会に、200匹分の助成金など約103万円を盛り込んだ補正予算案を提出する。路上に放置されたイヌ、ネコのふんの除去などにつなげるため、放置ふんを見つけた市民にスマートフォンで位置や画像などの情報を提供してもらう通報システムも導入する。システムのアプリ開発費などは約420万円。

 アプリは来春にも無料で提供する予定。災害時の被災場所の把握などにも役立てる。今後、名称などを決める。

 さらに放置ふんを減らすため、府警OBの環境巡視員を現行の2人から4人に倍増させる方針。

 これまで市は、飼いイヌの放置ふん対策として、飼い主から一律に徴収する法定外税「犬税」(仮称)の導入を目指したが、有識者らでつくる市の検討委は「税負担の公平性が担保できない」と答申したため断念していた。

 市の担当者は、今回の一連の対策について「飼いイヌ登録の推進やマナー向上などの効果が期待できる」と話している。

【泉佐野】不二製油(泉佐野市住吉町1)は、泉佐野市の本社内に新たな研究開発施設の(仮称)不二テクノセンターを建設すると発表した。施工者は今後、入札による選定に入り、2015年5月ごろに決まる見通しだ。

産経新聞 11月7日(金)21時57分配信

 エボラ出血熱が流行している西アフリカのギニア国籍の女性が7日、入国した大阪府の関西国際空港で発熱しているのが確認されたとの情報が関係機関に入った。この女性を特定感染症医療機関の「りんくう総合医療センター」(泉佐野市)に搬送、国立感染症研究所(東京都)に血液を送って感染の有無を検査する準備を進める方針。

 関係者によると、女性は20代という情報がある。

イヌナキン

公募の中から採用された3作品を参考に、ゆでたまご先生がリライトして誕生したキャラクター。

【「イヌナキン」のプロフィール】

名前 : イヌナキン

年齢 : 20歳

職業 : 犬鳴山の義犬伝説主人公の末裔で、超自然的な力を得るために犬鳴山で修業中。

服装 : 温泉好きのため泉州タオルを、常に腰に巻いており、手には、錫杖(シャクジョウ)と呼ばれる杖を持っており、犬鳴山で修業中に山伏からもらったもの。

性格 : 正義感と卓越した忠誠心の持ち主で、子どもたちには、友情の大切さを説いて回る。泉佐野市の為なら全国どこへでもPRに行く。(主人のために忠誠を尽くした義犬のDNA。)

弱点 : 温泉があると何をおいても入りたがる。

口癖 : 一生犬鳴(イッショウケンメイ)(一生懸命、泉佐野市をPRし、一生犬鳴山を愛するという意味)

好物 : 水なす、玉ネギ(イヌナキンは超人のため、玉ねぎを食べても平気)、キャベツ、ガッチョ唐揚

なすびん

泉州地域の特産品「水なす」をイメージしたキャラクター     【プロフィール】 出 身 地:南泉州 誕 生 日:2008年11月1日 体   型:ぽっちゃり 血 液 型:ナスB型 性   格:あっさりとみずみずしい 好き な 物:太陽 嫌いなもの:虫 食べられ方:浅漬け、じゃこごうこ など 美 味し さ:めっちゃおいしい!